絵画、「最近、眠れません」。
				英国の田舎、コテージ  赤い車、巨大モンスター。
最近、眠れません

アーティストの言葉

そうですね、私の絵は一風変わっているかと思います。でも、おかしな絵こそが不思議な世界の感覚を表現できるのだと思います。

おとぎ話が複雑な感情や困難な問題を解決するのにシンプルな話の内容で表現しているように、私の絵は喪失、疑念、幻滅感、無邪気、希望、独自性などといったものを探るため、素朴な心象表現やブラックユーモアを用いています。

私の作品のイメージは無意識に潜在意識の中から生まれます。それは独特な説明し難い理論と共に絶えず展開している世界で、再びかすかに一瞬現れる遠い子供時代の記憶、不思議で甘くほろ苦い子供の世界から形成されます。

私は独自に考案した混合素材技法を用いて描いています。入念に何層にも塗り重ねることによって、微妙なくすんだ色や、光の当たる具合によって印象が変化する色彩豊かで光沢のある表面を作り出します。

ご一読頂き、ありがとうございました。


				絵画、「哲学者たち」。
				三日月、キノコの哲学車。 
哲学者たち

主な個展

1996
イギリス・ケンダル
ブルウワーリー・アーツ・センター

1998
イギリス・コッカーマウス
キャッスルゲート・ハウスギャラリー 

1998、2000
イギリス・ヨーク
ナニングトネ・ホール 

2002
イギリス・ダーラム
ダーラム都市画廊 

2003
イギリス・ダーリントン
ギャラリーナ 

2007
イギリス・ビショップ・オークランド
マックギネス・ギャラリー 

2009〜10
イギリス・ハロゲート
スモークハウス・ギャラリー 


				絵画、「浮世の心配事さようなら」。
				坂道、翼がある赤い車、夜。
浮世の心配事さようなら